能登輪島フネノデンキヤ物語


船のでんきや日東電機


 弊社は昭和26年頃から地元の漁船にバッテリーを販売したり発動機を修理していたのがはじまりと創業者である父に聞いていましたが、なにせ田舎のこと当時は戦後のドサクサではっきりした資料が残っていません。ただ、その当時から「日東電機工業所」と言う名前で商売を営んでいて、平成元年に法人化し現在の名称になりました。
 私は大学を卒業後、家業を継ぐために魚群探知機や無線機等を製造販売する会社に就職し昭和63年に帰ってきてこの仕事をするようになりました。魚群探知機や無線の修理に関しては一通りの技術は習得してきたつもりでしたが、「船のでんきや」の仕事は奥が深く発電機などの取付技術は輪島に戻ってから必死に勉強しました。船に故障があると夜中であろうと時間に関係なく連絡が入ります。私を頼って連絡があるので眠いと言ってはいられずすぐに駆けつけ何とか出漁できる状態にします。漁師のお客様の「ありがとう!」の一言を聞いた時この仕事をしていて本当に良かった思います。この仕事について30年近く経ちますが、昨年、海上保安庁より「海事関係功労者」という大変名誉ある表彰をいただき今後の励みになりました。
 ここ輪島港は日本海の突き出した能登半島の外側に位置するため、毎年冬場になると海が荒れてなかなか出漁できない日が続き船の仕事が激減するのが悩みの種でした。そこで当社の取扱商品である船舶照明器具を家庭や店舗のインテリア用品としての活用を思いつき、多少のアレンジを施し「マリンランプ」としてホームページを自分で作成しブログやSNSを利用して発信しました。「マリンランプ」の特性は、堅牢でデザインがシンプルなところと優れた防水性です。またスペースもとりませんし美しいフォルムから放射線状に広がる光は幻想的です。住宅を新築・リフォームされるご家庭にお勧めの照明器具で昨年も全国津々浦々から注文をいただいております。


船のでんきやのこだわり


 おかげさまで「マリンランプ」は、全国各地のマイホームを新築・リフォームやマンション・アパートのリノベーションを施工中のお客様から注文をいただき発送しています。 そんな中、 購入されたお客様から 「もっと手軽にマリンランプの雰囲気のある灯りを楽しみたい!」といったご要望をお聞きしました。 
 「マリンランプ」は電気工事士の資格のある方に取付けをお願いしないと設置できないため 設置した場所以外のところではないと楽しめないというのです。そこで「マリンランプ」を使った新商品を作り出そうと一念発起しランプにケヤキの間伐材を取付けて電気スタンドタイプにすることを考案しました。
 こうして出来上がった“マリンランプスタンド”には船のでんきやのこだわりが詰まっています!「マリンランプ」のほとんどの商品には電球を付属せず、購入されたお客様が使用する電球を選ぶといったスタイルをとっていますが電気スタンドとして使っていただくにはそういう訳にいきません。まぶしさを抑え省電力の揺れに強く切れにくい構造の船舶特殊電球(白熱電球)を付属したり、使っていると少し熱くなること考慮し、お客様の安全を考えて電気用品安全法(PSE)も苦労の末に取得しましたので皆様どうか安心してお使いください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です