漁船用のソケットが生まれ変わったペンダント式マリンランプ!のお話

 

 

今回は、集魚灯用ソケットを使ったペンダント式マリンランプをご紹介します。

 

 

吊下マリンライト ゴールド/シルバー TR-MR-G/S

 

 

「吊下マリンライト」と名付けたこの商品は、他のマリンランプと同様に船の作業灯として過酷な海上の環境に耐えながら使用されている器具をベースにアレンジを加えています。

 

 

 

 

真鍮製のセードと木製パーツの組み合わせが落ち着いた雰囲気を醸し出してくれる、まさにマリンランプと呼ぶに相応しい商品です。

 

 

 

漁船用ソケットが生まれ変わりました!?

 
 

漁船で使われているソケット

 

 

この吊下マリンライトに使われているのは、実は鯖ブラケットという漁船の集魚灯用の青銅鋳物ソケットなんです。

 

日東マリンランプ 吊下マリンライト

 

ソケットの上部にネジが切ってあるのが特徴で、パイプ等に電線を通して直接固定できる器具になります。

 

ソケット上部がむき出しだと洗練性に欠けるので、木製のパーツを飾りを兼ねて取付けて覆っています。

 

 

しかも引っ掛けシーリングタイプとなっているので電気工事が不要ですから、単独でちょっとした模様替えに取り入れるのにも適しています。

 

 

 

2色から選べるこだわりの真鍮セード

 

 

 

真鍮製のセードはゴールドとシルバーの2色展開

 

 

ゴールドタイプはクリア塗装仕上げ、シルバータイプはシャープなイメージのクロームメッキ。

 

 

合わせる空間やお好みでお選びください。

 

 

どちらも無塗装品とは異なり、急激な色合いの変化はありません。

 

 

 

 

真鍮セードの成形にもこだわりました

 

 

セードの成形には、「へら絞り」と呼ばれる金属加工法が用いられています。

 

 

どういう技法かというと・・・

 

 

金属を円盤状に加工したものを、絞旋盤と呼ばれる機械の軸に固定し、金型と共に回転させ、ヘラと呼ばれる棒状の専用工具で絞って成形していきます。

 

 

へらに伝わる感触で素材の変形状態を確認し力を加減しながら加工する必要があることから機械化は難しく、もっぱら熟練工の手仕事に頼っています。

 

 

このセードの持つ柔らかにふくらんだシルエットは、量産性の高いプレス加工では決して出せないのだそうです。

 

 

 

 

回転する金属にへらを押し当てて絞るため、年輪のような独特の加工痕(絞り痕)が線状に残っているのも特徴です。

 

 

 

 

仰ぎ見るとこんな具合。年輪のような独特の加工痕がうっすらと見えます。

 

 

真鍮のセードに黒い太めのコード、そしてなだらかな曲線を描く木製のパーツ。

 

 

 

 

全体的に重厚感があり、柔らかで落ち着いた印象の照明器具となっています。

 

 

セード径が26センチと、大きすぎず小さすぎず程よいサイズ感。

 

 

 

 

コードの長さを調節できるコードクリップ付属しているので、リビングを雰囲気よく演出したり、階段を灯すのにぴったりです。

 

 

 

インテリアとしてのマリンランプ

 

 

当然ながら、他のマリンランプシリーズのデッキライトやウォールライトなんかと組み合わせると、相性ばっちり。

 

 

防水性や耐久性に優れているマリンランプをインテリアに使うのは「もったいない?」とお考えの方は、ぜひ使ってみてください!

 

 

インテリアのアクセントして使えばとってもオシャレな部屋にすることができるアイテム。

 

 

それがマリンランプなんですから・・・

 

 

 

 

オフィスにも。セード径26センチだから、丁度いいサイズ感です。

 

 

もちろん、リビングやダイニングにもピッタリです!

 

 

こんな灯りの下で食卓を囲むのもいいですよね(^_-)-☆

 

 

仕様

 
 
サイズ:セード – H25×Φ260mm
    コード長 – 約1.1m(器具を含む全長 約1.18m)
 
 
素材:本体 – 青銅鋳物(BC-6) / シェード – 真鍮
 
 
仕上:クリア塗装
 
 
用途:屋内用
 
 
適合電球:白熱灯(〜60W) / 電球形蛍光灯(〜60W型) / LED電球(〜60W相当)
 
 
口金:E26
 
 
重量:約0.74kg
 
 
取付:引掛シーリング
 
 
付属:コードクリップ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です