海を漂うような雰囲気の中で気軽にリラックスタイム!マリンランプスタンド

 

マリンランプスタンドS

 
今回ご紹介する商品はマリンランプのゼロデッキをアレンジした、小型の屋内用スタンドランプです。
 

「マリンランプスタンド」をもっと手軽にお楽しみいいただけるように、木製台座をゴム脚に変更してさらにミニタイプにしました。

 

他のマリンランプと同様に実際に船で使用されている作業灯をベースにしているため、重厚な本物感はそのままとなっています。

 

コンセントプラグ式なので、気軽にお部屋のインテリアとして取り入れやすいのが特徴です。

 

グローブもガラスではなく透明樹脂製なので、お子様がいるお宅でも安心。

 

当然ながら、マリンランプシリーズの設置型照明と組み合わせると、相性ばっちり。

 

単独でちょっとした模様替えに取り入れるのにも適しています。

 

 

船の雰囲気を気軽にインテリアに取り入れる!

 

 

卓上やベッドサイド、フロアに少し灯りが欲しいなーという時にうってつけ。

 

ガードの影と、放射状に広がる白熱電球の光が、室内にちょっとしたキャビン気分をもたらしてくれます。

 

付属電球が最大10Wなので、ワークライトというよりは、くつろぎながらお茶やお酒を飲んだり語らったり、煙草をふかしながらぼんやりしたり・・・というシーンに向いています。

 

 

愛嬌のあるコロンとしたフォルム

 

このマリンランプスタンドSは、デッキライトの形状を踏襲しつつも、径が太く背も3センチほど低いのでころんとした印象で愛嬌があります。

 

 

カラーはシルバータイプ一色
 

シャープなイメージのクロームメッキを施してあるので、どんな空間にもマッチすること請け合います。

 

 

 

 

海好きな方への贈り物にも

 

幅広い層に受け入れられるデザインなので、ギフトにもおすすめです。

 

購入されたお客さんの中には、船関係の仕事を引退した父親への退職祝いに選んでいただいた方もおられましたが「本格的だね」とちょっと驚き喜んでくれたそうです。
 

他にも“マリンランプ”を設置した施主様への贈り物にいかかがでしょうか?

 

こちらではギフト包装対応は行っていないのですが、専用箱(W145×D145×H240mm)入りで、ご自身でラッピングもしやすいです。

 

 

 

【仕 様】

 

サイズ:外寸 – H145×φ125mm / コード長 – 約2m
 

素材:カバー – 真鍮 / グローブ – 透明樹脂
 

仕上:カバー – クロームメッキ仕上
 

カラー:カラー – シルバークリア―塗装 / コード – ブラック
 

用途:屋内用
 

適合電球:白熱小丸電球(〜10W) / 白熱ミニクリア球(〜10W)
 

口金:E26
 

重量:約1.1kg
 

付属:白熱電球7W×1個

 

 

【コンセントタイプ】
 

電源スイッチ付コンセントプラグ方式なので、お手元に届いたその日からインテリアとして“マリンランプ”の雰囲気あふれる光をいつでもどこでも気軽に楽しむことができます!

 

 

 

【送料無料】マリンランプスタンドS | 船のでんきや日東電機~210dk Online shop~オリジナルマリンランプ・海洋灯・船舶ランプ通販 (thebase.in)

 

 

ゆったりとしたリラックスタイムに欠かせない灯り

 

ここから先は、「船のでんきや」なりに勉強したリラックスできる効果的な灯りの使い方について書いていきますので、時間のある方はぜひ読んでみてください!
 
 

リラックスできる効果的な灯りの使い方

 
 

灯りの色について

 
LED電球や蛍光灯には、昼光色、昼白色、白色、温白色、電球色の5項目の表記があります。

 
これは、あかりの光色をあらわしたもので、順に「白っぽい光」から「オレンジっぽい光」であることを示しています。

 
ちょうど、晴れた一日の「真昼・朝・その間の日中・夕方のはじまり・夕焼けどき」の太陽光を再現したようなもの、と考えるとよいと思います。

 

 

灯りの色による心理効果

 

白っぽい光色は、覚醒や緊張感を呼び起こし、涼しさや寒々しさを感じさせます。オレンジっぽい光色は、気持ちをリラックスさせ、温かさや安心、懐かしさを感じさせます。

 

ふたつの間の光色は、心理効果もやはりふたつの間に位置します。ナチュラルなそのあかりの下では、特に過ごしにくさを感じることは少ないはずです。

 

 

明かりの照らし方
 

光は基本、強いほど覚醒、弱いほど眠気を誘います。ただし、強すぎる光はストレスを増加させるため、たとえば、勉強の眠気ざましのつもりが能率を下げる原因になったりもします。

 

 

照らす範囲の大きさ
 

 

スポットライトやシェードランプなど、照らされる範囲が小さい照明器具を使うと、光色にかかわらず注意がそちらに向きやすくなるという効果があります。

 

 

直接照明と間接照明
 

あかりには、光源となる電球などから直接光を当てる直接照明と、いったん光を何かに反射させて拡散させる間接照明があります。

 

間接照明は特別な施工が必要だと思われがちですが、隣室からこぼれるあかりも立派な間接照明です。

 

また、高い家具やはりの上に小さなランプを置いたり、フロアライトの手前に目隠しを置くだけでも、かなり雰囲気のある間接照明になります。

 

ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です